本文へ移動

作業確認・管理

 
ここでは、作業の確認や、管理方法を詳しく説明しています。

始業前点検

1. 粘着テープによる毛髪チェック
2.服装・身だしなみチェック
3.ライン人員・資材配置の伝達・確認
 (ライン担当者→作業者)
4.生産予定・品番・ロット・仕様の確認
 (ライン担当者→作業者)
5.ライン回り・器具・冶具の点検
 コンベアのほつれ/ゴミ/不要な物撤去
 (異常→ライン担当者→品質管理)
  →日報記録
6.実印字の確認
 (ライン担当者→日報記録)
7.計量器の設定値確認
 (ライン担当者→日報記録)
8. 製品見本作製・確認
 (ライン担当者⇔スタッフ)
9. 持込み備品の確認
 (ライン担当者→日報記録)

作業予定表

前日の作業終了後、各スタッフに予定表を配布
事前打ち合わせを行なう。(工場長⇔リーダー)

立て看板

各ラインに立て看板を設置し、全員が作業内容
(仕様・生産数・ロット等)を把握する。

持ち込み備品の管理

備品には管理番号を付け、朝に場内へ持ち込み、持ち込んだものを日報に記入。
作業終了後、使用したものが合っているか確認。
事務所にて最終確認・管理。

途中(休憩後)点検

1. 粘着テープによる毛髪チェック
(作業者⇔作業者)
2.服装・身だしなみチェック
(作業者⇔ライン担当)
3.仕様の確認→(全員)
4.計量器および実印字の確認
(ライン担当者→日報記録)
5.午前中の作業終了後、経過・進捗報告および打ち合わせ
(ライン担当者→工場長)
6.作業終了後、コンベア上の物はもとの場所に
回収のこと→(全員)
7.開封分のものは、蓋をした上テープ止めをすること→(全員)

休憩後のチェック

手袋等の管理

・ウレタンコーティング手袋は各作業者に配布・各自が管理する。
・汚れ・穴あき等で使用できなくなった場合は、事務所に申告し交換する。
 

手袋・毛髪・指先チェック

作業開始時、終了時に手袋が破損していないか、指サック・傷テープを紛失していないか確認し、ライン担当者に報告する。

終業時点検

1. コンベア上および作業台上のものは全てもとの場所に戻す
2.不適合品(赤色カゴ)を1カ所に集め、整理整頓する。
 内容/数量を確認後、日報記載(ライン担当者)
3. 日報提出時に資材担当に渡す
4.冶具・持ち込み備品の数量を確認後、所定の場所に返却する
5.清掃
・コンベア・テーブル・窓枠、布巾がけ
・床、フローリングワイパー・掃除機がけ
・エアコンの吹出し口、週一回清掃
・異常なゴミ・害虫・ベルトの傷みなどの発見の場合、連絡のこと
(作業者→ライン担当者→品質管理)
6.場内巡回チェック(電気・電源・不要な物)
 (スタッフ)
7.日報作成後、ミーティング
 (ライン担当者⇔工場長)

作業日報(表裏)

ライン担当者が担当ラインの一日の内容を記入する

不具合発生時

1. 品質・生産管理に速やかに連絡
 (ライン担当者)
2. 作業コンベアを直ちに停止する
 (ライン担当者)
3. ライン上の仕掛品・半製品を全て青色カゴに回収する→(作業者)
4. 不適合品置き場に一旦保管
 (ライン管理室リーダー)
 (品名、数量、不適合の内容を大きく明記)
5. 問題点の洗い出し・指示を仰ぐ
 (内容によってはお客様に報告し指示を仰ぐ)
6. 途中(休憩後)点検を行った後、最低のスピードにて作業再開→(全員)
 ※不具合品の手直し・検品はライン管理室リーダーの指示のもと別ラインにて処置する

不具合品混入・流出防止対策

様々な確認や管理で、一つ一つ確実に物事を進め、お客様に安心していただけるよう努めています。
株式会社 カスガ
〒635-0055
奈良県大和高田市曽大根1丁目201番地1号
TEL.0745-24-2244
FAX.0745-53-7600
各種ギフト商品の企画及びセット加工包装/ピッキング/梱包発送業務/商品保管業務/アッセンブリー/デリバリー承ります
TOPへ戻る